ホーム美肌への努力はじめました ≫ シミを消す美白化粧品でプチプラのおすすめは?

シミを消す美白化粧品でプチプラのおすすめは?


6月はまだ涼しい日もあるけれど日差しはもう夏そのもの、シミが増えるのはなんとでも阻止しなければなりません。

毎日たっぷり使えるプチプラの化粧水タイプの美白化粧品はないかドラッグストアへいってきました。

この一本は良さそうだと思ったものをご紹介します。



どんなタイプのシミに悩んでいますか?


アラフォーの自分の顔を鏡でじっと見つめてみました。

頬骨のところにほくろ大のシミができかけています。

この頬骨のところにできやすい、数ミリから十数ミリのいろいろな大きさのシミは老人性色斑といいます。


老人性、、、ってなかなか年齢を感じるネーミングのシミの種類だと思いますが、これがシミの中でももっともできやすいタイプのシミになります。

頬骨のとこらへん、大丈夫ですか?


薄いできはじめのシミはそれ以上こくならないように、美白化粧品を上手に使ってケアをしていきましょう。



大人のニキビに悩む方に多くできやすいシミには、炎症後色素沈着というシミの種類があります。

ニキビは炎症なのでそのあとに色素が黒く残ってしまうのですね。

このタイプのニキビも美白化粧水でケアをしていくことでシミが薄くなっていきます。



頬骨のあたりに右側と左側に同じぐらいのシミが左右対称に出ている場合、それは肝斑といいます。

更年期の女性に現れやすいといいます。

女性ホルモンのバランスが崩れたことと、紫外線による影響がシミの原因です。




3つのシミのタイプをあげてみましたが、あなたはどのタイプのシミがある人でしょうか?

どのシミも紫外線の影響を受けて、肌を守るためにメラニン色素が肌を黒くするために活性化します。

生成されたメラニンがうまく肌のそとへ排出されるとよいのですが、メラニンの色素が沈着したり、

老化のためうまく輩出されていかないとそこがシミとなってしまいます。



そこで、そもそもシミの元になるメラニンの生成を抑制する成分がはいったものを美白化粧品といいます。




美白化粧品とは?


美白化粧品といわれているものの多くには美白成分として様々な成分が含まれています。

できてしまったメラニン色素を白くするものが美白成分というわけではありません。


メラニンを生成する「シロチナーゼ」という酵素の働きを抑える成分を化粧品に加えることで、メラニンの生成を抑える。

そいう美白化粧品があります。



「シロチナーゼ」というメラニンの生成をする酵素を抑える成分としてあるのは、アルブミン、ルシノール、ビタミンC誘導体などがあります。



そのほかの美白成分の種類おしては、メラニンが生成されるメラノサイトという場所にはたらきかけて、メラノサイトが働かないようにする成分があります。

カモミラET、m-トラネキサム酸です。


お手持ちの美白の化粧品にはどんな成分が入っているでしょうか?

hadarabo.jpg


プチプラ美白化粧水



シミに効きそうな化粧水はないものかと、ドラッグストアへ先日足をのばしました。

「シミにこの一本、美容液級のケアまで!」とかかれた肌ラボの「白潤」プレミアムというのを試してみることにしました。

hadarabo2.jpg

美白の有効成分としては


ホワイト トラネキサム酸

ビタミンC誘導体 (ビタミンE)



が入っていました。


そほのかには

潤い成分として


ナノ化ヒアルロン酸


が配合されています。



お値段は972円でした

これぐらいの値段ですとためらわずにたっぷり使えます。



肌ラボ 白潤を使ってみた感想



まず手の甲に2、3滴化粧水を垂らしてみました。

hadarabo4.jpg


化粧水というと、透明でさらーっと手の上を流れていくものが多いのですが、これは手の上に乗っかったままです。

これが美容液級といわれているかんじなのかなとおもいました。

容器を傾けてもすぐには、化粧水は落ちてきません。もったり持っちりしている様子がわかります。

hadarabo7.jpg




私がピンチ!の時に助けてくれた アイムピンチほどはものすごいとろみはありませんが、化粧水でこれだけとろりとしていると

しっとり感に期待が持てそうです。



ものすごく伸びがいいです。

ての上に塗ってしばらく待ってみましたが、なんだかずっと手の上がキラキラしています。hadarabo6.jpg




手の面積に対して載せすぎてしまったかもしれません、結局肘の下までずーっと伸ばしました。

ピリピリする感じもなく、なかなか良さそうです。

お顔の上にも載せてみました。

どれぐらいのびるんだ~というぐらいほんの少しで顔全体に伸ばすことができました。

やはりよくあるタイプの透明なサラサラした化粧水とは違って、若干浸透するのに時間がかかります。

どれぐらい肌をしっとりと保ってくれるのか期待がもてます。







朝つけて1時ごろ肌の調子はとても良いです。

乾燥しやすくて、すぐに脂が顔に浮き出てきてしまうことがおおいのですが、今日は鼻の頭にも脂が浮き出ていません。

しっとり感はとてもあります。

一番気になるのは、美白効果なのですがこればかりは使ってすぐにはわからないので、また一本使い切ったころに体験談をレポートする予定です。



意外と知られていない保湿の大切さ?



シミ対策に大切なのは、美白はそうなのですが、肌の潤いを保つことがとても大切なのです。

ニキビやシミといった肌のトラブルのはじまりは、肌にうるおいが足りず肌がダメージを受けやすくなっていることにあります。

水分量がスカスカな肌はバリアー機能が低下して、そのためにターンオーバーという肌の生成がきれいに行われなくなります。

ちゃんと古い角質が肌から排出されにくくなって肌に残ってしまったりします。



なので、美白成分がはいっていながらも、ちゃんと保湿成分も配合されている肌ラボの「白潤」はなかなか高機能な化粧水だと思いました。


保湿をしっかりと行うことは美肌の基本だということを再確認しました。



肌にうるおいが足りないわと思っている方にはもう一つアイムピンチという肌をモチモチにしてくれる美容液も使えばもう怖いものなしです。

 ↓
私の肌荒れを助けてくれたアイムピンチのレビューです。





コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 美肌&美ボディーの秘密Labo All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花初芽