ホーム腹周りダイエット ≫ 2017年はウエストと下半身のの脂肪をすっきり落としてダイエットを成功させたい

2017年はウエストと下半身のの脂肪をすっきり落としてダイエットを成功させたい


<座りっぱなしの仕事を持つ女性の悩み>

冬はかじかんで足先の感覚がなくなる、靴下を履いていても、もこもこスリッパをはいていても冷たくてたまらない。

ここはどこだろうか、北海道の原野?

 ↓↓

冷え対策はやっぱり大切

いいえ、頭の上はとてもあたたかく、室内で、原野どころではなくオフィスで仕事をしているのです。

でも、足先は冷えて、へたするとお腹の具合もあまりよくないこともたびたび、冷え、むくみ、ぶよぶよと飛び出た腰回り。

年がら年中すわりっぱなしの生活がたたって、下半身がどうにもしまりがないのです。


簡単にウエストを引き締める方法はあるのでしょうか?
 ↓↓↓

にほんブログ村 ダイエットブログへ
<ダイエットをしてもいまいち下半身には効果が、、、>

これ以上、足に脂肪がつかないように、甘いものをひかえてみたり、炭水化物をへらしてみたり、でもほとんど効果はかんじられない。

座りっぱなしの仕事のスタイルがおそらく下半身の血流を悪くしたり、下半身全体の新陳代謝を下げているというのはなんとなくかんがえたことがあるけど。

でも、どうやって具体的にこの全体にぼよっとしたウエスト周りから足のぶよぶよをどうしたらよいのだろうか。




<最初からスタイルが良い人だってトレーニングしている >

安室奈美恵さん、、すっきりなウエストというか体全体がしゅっとしている女性として同世代で思い出すとき、安室奈美恵さんがいます。

雑誌の対談で彼女は常に体を動かしてトレーニングをしているから、と語っていました。

それはそうですよね、歌いながらダンスパフォーマンスをこなす活動の様子をみていたら、日々体をトレーニングすることは欠かせないことですし、

それによってもともとの素材プラスあのスレンダーな体形がいつまでも保たれているのだということは大いに納得できます。


それに比べ、、、


< 毎日すわりっぱなし>


安室奈美恵さんのトレーニング中心の生活と正反対の生活は?という質問があったら、びしっと手を挙げて「はい、座りっぱなしの事務職の私です」としっかりと答えられる自信があります。

座りっぱなしの仕事を下半身デブを解消するためにやめるわけにはいきません。一日の中で体を動かす時間をどうにかとろうとおもいました。ラジオ体操でも、椅子にすわったまま体操をしている様子というのも見たことがあります。

座っている姿勢でも体を動かすことはできるはず。



< 下半身やせに効く椅子のすわりかた >


まずは座り方。

オフィスにいる人を観察してみると、ちょっとお腹が飛び出ている人は座っているというよりも背中が背もたれにものすごいよりかかっていて、半分ねてる?というぐらいだらりとした状態で座っています。

それに比べて、細身の人というかいわゆる美しいイメージで通っている女性は、、、ひざ掛けをきちんと折りたたんで、ひざの上にのせています。それから座り方は背もたれをつかっていません。

椅子の前のほうに腰かけて、椅子の座席の半分後ろがあいています。

これは真似するとよさそうです。


<足の位置と足の指>


椅子にすわるとき、座面は全部を使わずにちょっと前のほうに腰かけます。そして足は前のほうに伸ばすと、腰のほうに負担がきてつかれますので、座面の下にまげて入れる形にします。

なんか腰もらくですす。ひざがちょっと下がり気味になって、足の先は足全体が地面につくのではなく、つま先立ちでつま先で地面についてみます。

これは、足の指がのびてとても気持ちがいいです。スリッパの中でつま先立ちをしている感じなので別に外からみてもおかしくなさそうです。

足の指に関する記事はこちらから
 ↓

足の指が釣る人は要注意

<時折のストレッチ>


集中して画面とにらめっこしていると、体の姿勢がいつの間にかかたまって、特に手の指のさきから腕側の筋がぴきっとつったような緊張感をかんじます。

肩をしっかりとまわして、ストレッチをするのは本当にシンプルですが、体がほぐれて気持ちがよいです。足まわりもアキレスけん延ばしなどをします。



<へその下をへっこめてすわる>

あとですが、下腹が飛びでているのがやはりみっともないですので、下腹をへっこめながら座るというのが、地道ですが効果がありそうです。

ポッコリお腹の原因にはついている脂肪のしたに、あるちゃんと出ていない便の存在や、骨盤の間に落ち込んでしまった大腸などが影響していることもありますので、

コチラの記事も参考にしてください。->
ポッコリお腹を解消する今日からできる2つの方法


<まとめ>

毎日の仕事のスタイルが、下半身デブになりやすいというのはなかなか変えるのが難しいですが、できる簡単なことから心がけると気が付いたらすっきりとした下半身になっていると思います。


座り方を変えるだけで引き締まる運動をしていると思うと、もう背もたれを使うことができません。
体を少し動かしてみて思うのですが、体を動かすのはとてもいた気持ちいいです。


コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 美肌&美ボディーの秘密Labo All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花初芽