ホームスポンサー広告 ≫ 旦那様改造計画~最悪、ゴムの塊がで飛んできたホーム美ボディプチエクササイズ ≫ 旦那様改造計画~最悪、ゴムの塊がで飛んできた

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那様改造計画~最悪、ゴムの塊がで飛んできた



TIG89_benchinikoshikakerujyosei500.jpg


運動を始めてから、やはり運動をするために器具をそろえなければとおもうらしいです。

私は、道具に頼るのはどうかとおもいます、ターミネーターのあの女性、みてください。

牢屋の中にとらえられたまま、そこにある環境を最大限利用して筋肉をきたえてましたよね。

あれは映画ですけど。



ターミネーターのリンダハミルトンはどうやって筋肉をつけた?
 ↓

本当はこんなハードでした




バーベルトレーニングだそうです。

旦那さんはまさかバーベルを買ってはきませんでしたが、初心者にぴったりのゴム製のひっぱるやつをかってきました。


チューブなんとか、クリックするとアマゾンに飛びます。








これをベッドの上に転がしておいて、暇があるとこれをぎゅーっと伸ばしています。

でも、その伸ばし方が怖くて怖くて、手を広げた長さって身長と同じ長さだってしってますか?

身長がたぶん 176ぐらいの旦那様がこのチューブを両手いっぱい伸ばすんです。



このチューブのゴムみたいなところがキューーーーーーっと細くなって、私の脳裏にはお笑いの人たちが、

ゴムぱっちんをしている姿が思い浮かびました。




あの、ゴムのところがきれたらやだな~っていつも思いながらみていました。

何日も見慣れていると、危険という頭の中の信号もマンネリ化してきたのです。



いつものとおり、ベッドでゴロゴロしているときに、おもむろに旦那さんがあのゴムチューブを伸ばしはじめました。





仰向けになって、本を読んでいた私の本が突然私の頭にばんって飛んできました。

いったい何事?




ゴムチューブをのばしていた手がすべって、ゴムが私のほうに飛んできたのでした。

最悪です。




運動するときは、右左右をみてそばに人がいないかどうか確かめてからやってほしいと思います。




おもわず、人を憎まずで、このチューブを憎みそうになりましたが、旦那様のものだと思ってあまりなんなのか気にしてませんでした。



本にチューブが飛んできたときになんでこんな凶器みたいなものを買ってきたの!と怒りながらききました。


そしたら、最近四十肩で手があがらなくなってしまったので、鍼灸院へ通っている旦那様は、肩周りをほぐすために、

このチューブ型のを進められたというのです。



なるほど!私も猫背気味でいつも首の付け根がゴリゴリに固まっているので、ちょっと貸してもらってやることにした。

手を上にあげて、このチューブを引っ張ります。




なんで!

なんで!

ぜんぜんこのゴム伸びませんけど。



旦那さんはなんであのゴムチューブを自分の身長と同じぐらい引き延ばすことができるの?

私チューブの長さが一センチもかわりません。


精力やパワーの減退を感じたら
 ↓
栄養が体にめぐります


自分をかよわい女性と思ったことはなかったのですが、脆弱な女性だなとおもいました。

なるほど、このゴムチューブを一センチものばすことができないほど私には筋力がないんだ。

そういうことがわかりました。




私の場合、右左に人がいようがいまいが今の段階ではまったく、危険はないですね。

なんだか旦那さんが私のライバルのようになってきました。まずは一センチゴムをのばしてやろうと

ときどきトレーニングしてます。




いろいろと調べてみたところ、チューブなんかをつかわなくても、手を後ろで組んで、肩の高さまで上げる

っていうだけでも筋肉はほぐれてよいそうです。



コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 美肌&美ボディーの秘密Labo All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花初芽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。