ホーム美ボディプチエクササイズ ≫ フランスの女性たちが魅力的なのは産後のケアが手厚いから?~丹田を鍛える

フランスの女性たちが魅力的なのは産後のケアが手厚いから?~丹田を鍛える



baby.jpg

先日歯医者さんへいってきて雑誌を読んだののつづきです。

パリの道行く女性が雑誌の見開き一ページずつにモデルとして登場しています。



どんな人なのか詳しく経歴はないので、普通の人だとおもうのですが。

来ている服もそんなブランドものではなくて、

自分のこだわりのコーディネイトでした。



大げさではなくそれでいてさらっと自己主張というのが

特徴でしょうか。
パリに本当に言ったことのある人に聞くと、

パリってほんとうにファッションの街?

みんなすごくダッサイ格好をしている。



美女とは?
 ↓↓↓

男性も女性も振り向く美女観察日記

という人もいますし、

私の祖母は70歳で渡仏し、フランス語を学んだりして

戻ってきたときにはまったくファッションが

以前の祖母とは変わってしまっていました。



ご近所でも大変話題になったそうです。

それいらおしゃれな祖母というイメージで

近所では通っていました。




フランスに暮らしている女性に

いわせるとフランスの女性は常に

自立していることが美徳。



私のフランスのイメージは

フランスには一度しかいったことがないので

フランス人のイメージは皆無です。



でも産後のケアがとても充実している

という記事を読んでから

フランスの女性は産後もしっかりと

骨盤底筋などを鍛えることを

病院をお通して行っている。



出産のケアがうまくいかないと、

骨盤がひらいたままで、

そこにどんどんとお肉が乗っていきます。



私の通っていた産院も産後の女性の美

というものにかなり力をいれていたようで

開いた骨盤がちゃんともとに戻るように

骨盤ベルトというのの

指導をしていました。



そのおかげで産後6か月は

骨盤ベルトを欠かすことなくつけました。




そしたら、

体重や、ウエスト周りのサイズが

高校生のときと変わらないサイズに

もどりました。


「とこちゃんべると」

というものです。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

産後に体が戻らないと

ほんとうにつらいです。



妊娠中に太るのは自然なことですが

そのごうまく戻らないと

なんか女性としてもう終わったような

気分がしますし。



骨盤がぐらぐらしているときに、

子供の抱っこをたくさんしますので

それが腰痛につながったりします。



こういった、女性の体を支える指導が

きちんとうけられたり、自分が出産するときに

学んでおくことはとても大切とおもいました。



たとえ、出産後にそういったことを知ることが

できなくてもあきらめることなく、

骨盤を整えたり、

腰痛を解消する体操を続けていくことはとても

大切です。




あとは、丹田を毎日意識するのもとても

よいなとおもいます。


ちょうどおへその下らへんをぐっとへこませます。

背中のほうへくっつけるというのでしょうか。


それからお尻のあなもぎゅーっと閉めます。



おなかをへこませながら、お尻の穴も閉じます。

これをすわっているときにすることを習慣にすると

かなり下腹に聞いてくると思います。



女性は年齢があがってくると、胃下垂になる傾向があります。

骨盤の間に腸などの内臓がさがってきてはまってしまいます。



便秘、胃下垂、ごはんがあまりたべられない

そんな症状がある人は、このように丹田を意識して下腹を

引き締めるとともに、夜寝る前に骨盤の間にある下腹を

両手でつかむかんじでおへその上まで引き上げるということもすると

良いです。


腸の動きが良くなります。



どうしてもお通じがないという人は、
腸内環境を整えながら、美ボディーに不可欠の栄養素も
とれるこちらをおすすめします。

↓↓↓
腸内環境をととのえながら、栄養もとってデトックスできる欲張りなダイエット







コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 美肌&美ボディーの秘密Labo All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花初芽