ホームダイエット成功法 ≫ ダイエットは体重じゃない~自分の魅力をいかに引き出すか

ダイエットは体重じゃない~自分の魅力をいかに引き出すか



kaidan.jpg



先日歯医者さんへ行きました、そこで

読者モデルのたくさんでている子育て世代向けの

雑誌を興味深く読みました。




やはり人間というのは自分と共通点のある人に目がむきます。

私は小さいころから身長が高くて初めて好きになった男の子は

私よりも身長がひくかったのを今でも覚えています。

KinkiKidsの 黒い髪のほうによく似た人でした。

自分が彼よりも背が高かったことがすごくコンプレックスでした。

中学校の時ぐらいまでずっと好きだったのですが

ちょうど同級生の私より背の低いかわいらしい女の子が

同じ人を好きだと聞いて絶対勝ち目がないとか思っていました。



女の子は小さいほうがかわいいと思います。いまでもそう思ってます。



でもいくら身長が低くなりたいと思っても、骨を削るわけにはいきませんし。



子育て世代向けの雑誌の話にもどりますが、

読者モデルさんが自分のお洋服の着こなしを紹介していました。



自己紹介のところに、身長、体重、年齢、子供何人とか

しっかりとかいてあります。



自分の身長に近い人のところで、年齢が近い人にやっぱり目がいきます。

だれも自分の身長の高さを「苦」にしているかんじはありません。




身長の高さを生かした着こなしをしています。



いかに自分の魅力を引き出すかということが

読者モデルの人はとても上手です。



自分の魅力を知るということは、自分の持っている要素というものを

客観的にみることが必要です。



自分が青色が好きだからといって、青色をきていても、

実は自分の顔いろは青をトップスにもってくると

暗い顔色になる。



それよりはパステルカラーをもってきて

明るい色使いの服装にして、青色は

小物使いで、、、とか。




ダイエットも体重もあまり体が負担に感じるぐらい

重たくては体にはよくないかもしれません。



体重の数字というのはかなり上下するので、

あまり数字にとらわれると心がナーバスに

なりやすかったりします。



本当に3KGぐらいは簡単に上下します。



なので、お尻の肉がたれてきたから

それを持ち上げるボディーメイキング的な

方向を大切にすると、より総合的な

ダイエットになるかと思います。



本当にダイエットはオーダーメード

というか自分のことを考えながら

行うものです。




自分の状態を観察して、

よりよくなるように変えていく

それがダイエットの基本です。




















コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 美肌&美ボディーの秘密Labo All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花初芽