ホームスポンサー広告 ≫ 下腹をへっこませるための方法を二つ~できることからやってみようホーム腹周りダイエット ≫ 下腹をへっこませるための方法を二つ~できることからやってみよう

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下腹をへっこませるための方法を二つ~できることからやってみよう


貴方の下腹はちゃんとぺったんこになって、
かっこよくへこんでいますか?

それとも、かっこわるくべろんと、
出てしまっていますか?

私ははずかしいことに、体重が少しはへり
ましがた、気を抜くと下腹がでてしまいます。

気合をいれて背筋をのばし、
へそのしたあたりに力をいれると若干
ぺったんこ気味のお腹が出現するという程度です。

ダイエットの方法はこちらです。
↓↓↓
にほんブログ村 ダイエットブログへ
下腹がでるのは、なかなかやっかいなことですよね。
ズボンのチャックがはまらなくなったり、
お腹がちゃぽちゃぽしたり、
永久に肉がいすわったかのようになってしまったり。

そんな下腹がでっぱってしまったのには、
いろんな過程があったことでしょう。

まず、下腹が出ている人の多くは姿勢がわるいです。
背筋が伸びていないため、おなかが上にひっぱられた
ような正しい形に体がなっていないので、
下腹がでっぱります。

それから、腸が骨盤の間に落ち込んでしまっている
ということもあげられます。

生物の時間に人体の図を学びますけれど、
腸はきれいにしかくく、ぐるっとおへその周りを
まわって描かれています。

でも腸の収まっているいちというのは、様々なんです。
腸がねじれてしまっている人や、
骨盤の間に腸が落ち込んでしまっていたり、
かなり個人個人で腸の形は変わってしまっています。

そんな腸の位置をまず正しくおさめる、方法があります。
腸を刺激するポーズをします。



もうちょっと違うタイプのポーズです。



そのほかにおすすめなのは、
枕をおへその下へいれてその上にうつ伏せに
なるというものです。体重をかけて、
枕の分だけ下腹を押すことになります。

なかなか手だけで腸の全体を刺激するのは
難しいので、柔らかな枕でおへそのあたりを
刺激するのも簡単で腸をしげきする良い方法かな
と思います。

読んでくださってありがとうございます。
↓↓↓

banner (5)
人気ブログランキングへ





こんな記事も人気があります。

『世界で一番受けたい授業』AGEで自分の本当の年齢を知ろう~老化の原因物質

あの人には白髪が少ないのには理由があった

砂漠の砂のようにカラカラなあなたのお肌~保湿は年には念をいれてリッチな保湿

あの人には白髪が少ないのには理由があった

なぜエステに通う山田さんは肌がきれいなの?

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 美肌&美ボディーの秘密Labo All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花初芽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。