ホーム綺麗な髪と頭皮の作り方 ≫ 皮膚のかゆみにはバージンココナッツオイルが最適~かゆみとフケにさようなら

皮膚のかゆみにはバージンココナッツオイルが最適~かゆみとフケにさようなら


薄毛がなやみのうちの旦那様。
いつも冬になると肌が乾燥してフケが 
たくさんでます。

そんなときの彼の対策方法は、
髪の毛をほぼ坊主に近くなるまで
刈り取ります。

そして洗いやすくすることで
フケを洗い落としているようなのです。

でも洗ってもあらっても、かゆみは
おさまりませんよね。
さらに乾燥がひどくなるだけです。


乾燥をやさしくでもきっぱりと抑える
天然バージンココナッツオイルはこちら

ココナッツエンジェル

洗ったあとの坊主頭の皮膚というのは
冬の乾燥した空気にさらされて、
ぱりぱりです。

髪の毛があれば保温や、保湿も少し
たもたれるのかもしれませんが
砂漠のように何も生えるものがみあたら
ない平らな土地をイメージしてください。
そこに冷たい風が吹き付けるのです、
そしてたまに降る雨(シャワー)
には洗剤成分がはいっていて、
雨はながれさるときに、お情け程度あった
少しの潤い成分まで地肌から流し去って
しまうのです。

もうすぐ寝る時間だったのですが、
電気をポチットつけて頭皮をみせて
もらいました。

そしたらちょうど寒さよけでかぶっている
帽子の頭とくっつく部分がぐるーっと
ミルフィーユのような肌になっている
ではありませんか。


帽子がこする、乾燥していた皮膚が
はがれる、かゆいのでひっかく、肌が
めくれる、下から新しい肌が再生するでも
また乾燥してめくれる。


もうひどい状態でした、ひどいところでは
ミルフィーユの層がぼこっととれて
足の裏の角質のような分厚さのこれは
フケ?皮膚?よくわかりませんですが、
とにかく頭皮が悲鳴をあげているようです。

もうこうなったら天然保湿の女王様的
存在であるバージンココナッツオイルに
お出ましを願います。

コスパがよすぎて、夏から日焼けやら
リップクリームやらアイクリームやら
こどものほっぺやら、あせも
ありとあらゆる皮膚疾患に
つかいまくってもまだビンに半分ぐらい
あるバージンココナッツオイルを
爪のさきぐらいとって、手で温めます。

ちょうど帽子があたるところのぐるーっと
に塗塗します。

すぐにごくごくと乾いた砂漠にしみこむ
水のごとくバージンココナッツオイルは
消えていきました。

塗っている私の手の平にもまだバージンココナッツ
オイルが残っているので、皮膚がむけていない
頭の部分にもぬりました。

きっと頭皮の保湿がぜんたいにできて
よい
のではないでしょうか。それからと
いうもの旦那様はお風呂あがりにかならず
ココナッツバージンオイルを頭に
つけて、、というようになりました。
(自分でつければいいのに、、と思います。)

でも塗るたびに旦那さんの頭の様子が
観察できるのでいいかなと思います。
ココナッツオイルを塗っていて
毛がふさふさに生えて来たりしたら
いいなーとおもっています。


オロナイン級の軟膏としてもお家で
大活躍します。一家に一つ バージンココナッツオイルです。







また良い報告ができますように。
読んでくださってありがとうございました。
banner (5)
人気ブログランキングへ


コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 美肌&美ボディーの秘密Labo All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花初芽