ホームアンチエイジングのコツ ≫ ゴマ油の中にファイトケミカルは入っているのかな?~由美かおるさんのアンチエイジング食

ゴマ油の中にファイトケミカルは入っているのかな?~由美かおるさんのアンチエイジング食




N612_gomatosuribachi500.jpg


太白ゴマ油をお料理用の油として使いはじめて、
ふと気になったことがあります。

ゴマにはたしか、ファイトケミカル=抗酸化作用や免疫力を
高める成分であるセサミンがあるはず。


ゴマ油を食べることで、セサミンが取れたらこれは
健康にもいいし、アンチエイジングにもいいなと思ったんです。

ダイエット情報はこちらです。
にほんブログ村 ダイエットブログ 主婦のダイエットへ
にほんブログ村
ゴマ油はサラダ油のように、いろんな添加物はないです。

ぎゅっと絞って取り出した油です。
セサミンはやはり
少しごま油の中にも含まれています
、だから
油の酸化スピードも遅いのです。
ゴマ油のなかで、セサミンが抗酸化作用を発揮している
んです。

気を付けたいのはやはり油=脂質なので高カロリーな
食品であることは間違いないです。

値段が普通のサラダ油より若干高めなので、
けっこう一瓶が長持ちするように、いつもより油は
気持ち少な目に使っていると思います。

ゴマ油を中心にセサミンをとるよりかは、
ゴマそのものも食事に取り入れたらいいとおもいます。

でもゴマってよく食べますか?私はほとんどゴマを
使った料理を作ったことがありません。母などは、
きゅうりの和え物というと、ゴリゴリと食卓塩のように
おいてあるゴマすり器でその場でゴマをかけたりしていました。

すぐ手にとるところに、食べたい食品を置くっていうのも
良いアイデアかなとおもいます
。でもまず、ゴマが
家にありません。

元祖美魔女といってよい、由美かおるさんの朝ごはんを
みたのですが、意外なところにゴマを使っていました。
朝ごはんにヨーグルトを食べるのですが、
ヨーグルトがものすごい具だくさんでした。


ヨーグルトに
ゴマペースト
大麦りょくそ
きな粉
はち蜜
果肉100%のブルーベリー



どれぐらいの量でヨーグルトの上にのっけたのか
書いてなかったけれど、どんな味なのか想像できない。
意外とおいしい組み合わせなんだろうか。

これは由美かおるさんの一週間の食事を
週刊新潮がとりあげたときに「由美かおるスペシャル」と
なずけられたそうです。

どんな味か興味ありますか?

読んでくださってありがとうございました。
↓↓
banner (5)
人気ブログランキングへ

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 美肌&美ボディーの秘密Labo All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花初芽