ホーム便秘の改善 ≫ 腸内環境を整えてくれる乳酸菌が腸までとどかないって本当ですか?

腸内環境を整えてくれる乳酸菌が腸までとどかないって本当ですか?


腸内環境を整えてくれる乳酸菌って本当に腸までとどかないんでしょうか?
うちでよく食べているヨーグルトは『ブルガリアヨーグルト』です。
程よい酸味と口当たりの良さがお気に入りです。
このヨーグルトに入っている乳酸菌も本当は腸まで
届いていないのかな?


写真 1 (42)

ダイエットを始めたい人に参考になる記事が満載ですよ♪

↓↓↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 主婦のダイエットへ
にほんブログ村
【一般的にいわれている乳酸菌】

乳酸菌ってもっと詳しくゆうとビフィズス菌のことを一般的に
いうと思います。
でもいろんな乳酸菌のはいった商品をみると、菌の名前がいろいろ
と違います。

このブルガリアヨーグルトの乳酸菌は、LB81乳酸菌です。
人の体内にふつう善玉菌として存在するビフィズス菌とは
違う種類の乳酸菌です。

ラクトバチルス ブルガリア菌 というんです。

これは本来体の中にはない乳酸菌なので、
腸まで到達して、そこでいっぱい増えてくれる、、、
といいなと思うのですが、到達しても
しばらく滞在すると体の中からでていって
しまうんだそうです。

残念です。

なので、ヨーグルトを食べて腸内環境を整えようという人は、
継続的にヨーグルトを食べるとラクトバチルス ブルガリア菌が
つねに腸の中にある状態がたもてて、腸内の全体的な
乳酸菌(善玉菌)の数が多くなって良いということになります。

【腸まで届く乳酸菌は植物性】

乳酸菌は胃酸に弱い、だから腸まで届かないと聞きますが、
植物性の乳酸菌は胃酸にもつよく、ちゃんと腸までとどきます。

ラクトバチルス ブルガリア菌は植物性の乳酸菌の
仲間です。

なので、このようにパッケージにも”腸で働くLB81乳酸菌”
ってかいてあるんですね。


写真 2 (46)

そのほかに植物性の乳酸菌がたくさんある食べ物で有名なのは
日本の漬物や、韓国のキムチです、これらにも
ラクトバチルス種の植物性乳酸菌が含まれているので、
生きて腸までとどくことができます。

でもやっぱりある一定の期間をすぎると、体の
外にでてしまいます。

これも毎日の食事のなかに少しづつ取り入れて
いくと、ある一定の数いつも腸内に 植物性の乳酸菌が
あることになるので、腸内環境がよくなるわけです。

【消費者が混乱しないように こんなマークがついてます】

特定保健用食品
健康増進法第26条第1項の許可又は同法第29条第1項の承認を受けて、食生活に
おいて特定の保健の目的で摂取をする者に対し、その摂取により当該保健の目的が
期待できる旨の表示をする食品



消費者庁のホームページより


ブルガリアヨーグルトはこんなふうに、毎日食べることで
お腹の調子がととのうことが期待できるというお墨付きな
ヨーグルトなんですね。

【そのほかに腸までとどく乳酸菌は?】

有胞子性乳酸菌というのがあります。
環境の変化に強いのが特徴で、胃酸などでも死んでしまったりしないのです。
胃酸などの影響で乳酸菌を覆っていた殻のようなものが取れて、
発芽して、乳酸菌として腸内で活躍します。



でもやっぱり、体の外からはいってきた乳酸菌ですので、
ラクトバチルスブルガリア菌と同じように、ある一定の期間
お腹の中で活躍すると体の外に出されてしまうんです。

定期的にとることで、腸内環境を常に良い状態に
保つことができるんですね。

読んでくださってありがとうございました。
応援ポチ、、、お願いできますか?
↓↓した
にほんブログ村 ダイエットブログ 主婦のダイエットへ
にほんブログ村

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 美肌&美ボディーの秘密Labo All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花初芽