ホームデトックスとダイエット ≫ バランスのとり方~食べ過ぎても肝臓は疲れるし、食べなくても肝臓は疲れる

バランスのとり方~食べ過ぎても肝臓は疲れるし、食べなくても肝臓は疲れる


肝臓が疲労する理由は2つほどあります。

食べ過ぎると、肝臓の働きである、解毒、脂肪の分解や貯蔵に
過度の負担がかかってしまい疲れます。

食べないと、仕事の種類の多い肝臓の働きをたすける、
栄養素が供給されないので、肝臓はうまく働けません。


じゃあ、どうすればいいんだーとおもいますよね。



ダイエット中の皆様はどのようにお過ごしでしょうか。
必見ですよ。
↓↓↓

にほんブログ村 ダイエットブログ 主婦のダイエットへ
にほんブログ村
ファスティングなどをしたら、逆に肝臓の働きが鈍って、
体に疲労がたまるんじゃないかなと、
思いました。

でもファスティングをするときっていうのは、
食べ過ぎたときとか、胃腸が弱っているときに
それを回復するときに効果があるんです。

ファスティングって?興味のある方は
読んでみてください=>半日ファスティング体験記



夏バテで食欲不振になっているときに、
食事を断つっていうのでは逆効果ですね。

なので、食べ過ぎたーというときには、その逆の行為を
すればバランスがもどります。

じゃあ、夏バテでごはんが食べれないーというときには、
少量でもよいので、栄養価の高いものを食べたり
するんです。

肝臓が元気になる食べ物を知りたい人は
この記事を読んでね=>夏バテすると栄養不足になって 肝機能が低下します


夏場にうなぎを食べたりするのだって、
そんな体の回復を考えてのことですよね。


結局のところバランスなんです。

ダイエットっていう言葉にはもう手垢が付きすぎて、
ダイエット=すぐに挫折するっていう
ダイエット=リバウンドする

へんなイメージもくっついてしまっていますよね。
でもはっきりいって、ダイエットはもう現代を
元気に生き抜くアラフォー世代の人は知識として、
技術として身に着けておくべき一つの
常識といっていいと思います。

40年近く生きてきて、自分の食べものの好みの
偏りを把握している。

どんなときに自分の体調がおかしくなるのか
把握している。

自分の体のことを一番よく知っている
から、自分の症状にあった対策も
たてられるんです。
それをダイエットとよぶのではないんでしょうか。

ダイエット=食事のバランスを取る
ダイエット=食事のバランスのとり方をしって実行する。

アンチエイジングはダイエットの進化系です。

ダイエットについてしまったヘンテコなイメージを
払拭するべく、アラフォーから先の人生を
美しく生きるためにアンチエイジングについて
女性は学んでいます。

アンチエイジングって老齢化に抵抗する?という
意味だと思いますか?

ちがいます、自分の体のことをしり、食事のバランスをとり
適度なバランスと足りないものを補っていく生活の
送り方をしていると、体が自然と老いから遠ざかっていくんです。

抵抗しているんじゃなくって、生き方がより若々しく、
エネルギッシュになっていくってことだと思います。

抵抗っていうとなんか頑張って、無理をして、膨大な
エネルギーを使って加齢と押し合い、時には血を流しながら
戦う?おおげさかもしれませんがそんな風におもったら
美しさも遠ざかってしまいそう。

バランスをとって生活をすることが自然とエネルギーの
循環をよくしていく、それがアンチエイジングです。


肝臓の疲れ一つをとってみても、食べ過ぎてもつかれる
食べなくても肝臓はちゃんと動かない。

この微妙なバランスを取りながら丁寧に一日を
生きていけれるのが理想だなーと思いませんか?

また、それが難しかったりもするんですけどね、、


読んでくださってありがとうございました。
↓↓↓ 応援をお願いできませんか?  


にほんブログ村 ダイエットブログ 主婦のダイエットへ
にほんブログ村









コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 美肌&美ボディーの秘密Labo All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花初芽