ホームダイエット成功法 ≫ 暑さでバテてます☆スタミナが切れないようにするにはどうしたらいい?

暑さでバテてます☆スタミナが切れないようにするにはどうしたらいい?



sleeping.jpg
暑さに負けてませんか?
7月半ばでも十分あつかったのですが、もっと暑くなってしまいました。

私は完全に負けてしまっています。
スタミナが切れてる~
活力が欲しい~

そんな心の叫びに答えてスタミナが切れないようにする
工夫などをお伝えします。

暑い中でもダイエット続行中の主婦のダイエットブログです。
↓↓↓
にほんブログ村 ダイエットブログ 主婦のダイエットへ
にほんブログ村
昼まではなんとか元気なのですが、3時、4時ごろになると
もう床にへばりつきたくなります。

皆さんはいかがでしょうか、午後をすぎてもバリバリ元気で
スキップできるぐらい活力ありますか?

私は、、、無理です

そこでどうやったらバテバテになれずに一日をもう少し
元気にすごせるか考えてみました。

せめて
夕方の6時ぐらいまで体力がもってくれると、晩御飯後に、
家事が終わっていてごろんってできるんだけどなーーー


夜中にごそごそ起きて家事の続きしなくてもいいようになりたい。


Staminaとは?



持久力、体力、活力があること

どうやったら活力が出るようになるかというと、
エネルギーとして使われるグリコーゲンが体の中に
蓄えられていなくてはなりません。

グリコーゲン (glycogen) とは、多数のα-D-グルコース(ブドウ糖)分子がグリコシド結合によって重合し、枝分かれの非常に多い構造になった高分子である。動物における貯蔵多糖として知られ、動物デンプンとも呼ばれる。
Wikipediaから

グリコーゲンが多く含まれる食べ物はごはんのような炭水化物です。

蓄えられたグリコーゲンが素早くエネルギーに変換されるのに
役立つのはビタミンのB群です。

そのほかにクエン酸はグリコーゲンの貯蔵をUPしたり、

脂肪酸からのエネルギー生成をUPします。



※脂肪酸って
脂肪酸についての参考記事ですー>
台所においてある毎日つかっている食用油がどんな油かしっていますか?




夏場にレモンとはちみつ水などをとると、疲労が回復するというのは、
クエン酸が体にはたらきかけて、スムーズなエネルギーの生産が
行われるからです。 

そのほかに疲れているときにすぐにエネルギーに変換される
中鎖脂肪酸などを取るのもよいですよ。

中鎖脂肪酸の含まれるドリンクの参考記事です。

道端ジェシカさんも愛飲しているココナッツウオーターはダイエットに最適


ココナッツオイルをスプーン2杯ほどとるのもOKです。


【夏バテを回復するおいしい料理】


エネルギーを補給し、体を元気にしてくれるメニューがあります。

ちらしずしです。

具材は、卵 イクラ がおすすめです。

卵にはビタミンB2が含まれています。

イクラにはビタミンB1が含まれています。

ビタミンB群は蓄えられたグリコーゲンを素早く
エネルギーに変換してくれます。



酢飯には、ごはんという炭水化物に、お酢というクエン酸が
加わって、おいしくいただいたチラシ寿司がグリコーゲンとなって
持久力をUPしてくれます。

【疲労回復には睡眠】

チラシ寿司を食べた、ココナツオイルを毎日とっている、
だから不規則な生活をしてもいいんだ。

そんなことはないです、体をしっかり休めることはとても
大切です。
睡眠という大切な時間をしっかりとることで、体も
ちゃんと動くのですから。

とはいってもなかなか夜眠れないということもあります。
そんなときは、ヨガの死骸のポーズが有効です。


【ヨガの死骸のポーズ】

はじめて、このポーズをヨガの本で知ったときは、なんだ
ただゴロンと寝ているだけなのに、わざわざポーズって名前を
つけるなんて大げさなと思いました。

でも、すごいんですよ、このポーズが完璧にできると、
目が覚めていても睡眠をとったのと同じぐらい
疲労回復の効果があるんです。

すごく簡単ですからぜひやってみてください。
ポイントは体から力をジョジョに抜いていくというところにあります。
体のどの部分も緊張から解き放つんです。


まず、床にあおむけに寝ます。

右足の先から、「右足の先の力がぬけます。」と
思います。十分に力が抜けたとおもたら、今度は場所を
すこしずらして、「ふくらはぎの力がぬけます。」

「膝の力がぬけます。」
「太腿の力がぬけます。」
「お尻の力がぬけます。」
おわったら、反対の足にいきます。

文句はなんでもいいんです、
次に足とおなじように、ジョジョにての力をぬいていきます。
頭まできたら、完了です。

最初は時間がかかるようになりますが、
慣れてくると、力を抜いている最中に
熟睡してしまったり、

完全に力を抜ききったときに、体が床の5mほど↓に沈んだ
ような不思議な浮遊感を体感することができます。

そのまま寝られなくてもじーっと10-20分いるだけでも
ただゴロゴロするのとは違った、疲労回復の効果があります。

読んでくださってありがとうございました。
↓↓↓
にほんブログ村 ダイエットブログ 主婦のダイエットへ
にほんブログ村






コメント

こんにちは~

ヨガの死骸のポーズ

面白い名前ですね・・

体調、気をつけて下さいね~

お母さんは大変ですものね(^_^;)

頑張り過ぎずに頑張れ~!(^^)!
(変な日本語)

サリオ | 2014.07.25 14:07 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © 美肌&美ボディーの秘密Labo All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花初芽